編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2018年5月現在,1161報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Ramachandran A, Snehalatha C, Mary S, Mukesh B, Bhaskar AD, Vijay V, Indian Diabetes Prevention Programme (IDPP): The Indian Diabetes Prevention Programme shows that lifestyle modification and metformin prevent type 2 diabetes in Asian Indian subjects with impaired glucose tolerance (IDPP-1). Diabetologia 2006; 49: 289-297. [PubMed]

本試験は,BMIが25~26kg/m²のアジア人(インド人)で行われたアジア版DPPといえる。まずアジア人では,IGTから糖尿病の発症率がきわめて高率(18.3%/年)である。ライフスタイル介入や少量のmetformin(500mg/日)投与は,体重減少はきたさなかったが,糖尿病の発症をそれぞれ28.5%,26.4%減少させた。DPP試験でのライフスタイル介入群のリスク低下が約50%であったことと比べると,本試験での効果が劣ったのは体重減少が得られなかったためとも考えられる。ただ,少量のmetformin投与が有効であったことはわが国の現状にもマッチし,応用可能なエビデンスといえる。【片山茂裕

●目的 耐糖能異常(IGT)を認めるインド人において,ライフスタイル介入プログラムまたはmetformin(ビグアナイド)投与による2型糖尿病発症抑制効果を検討した。
一次アウトカムは2型糖尿病発症。
●デザイン 無作為。
●試験期間 試験期間は3年(中央値30ヵ月)。
●対象患者 531例:2回のOGTTでIGT(OGTT 2時間値140~199mg/dL)を認めるインド人。男性421例,女性110例。平均45.9±5.7歳。平均BMI 25.8±3.5kg/m²。
●方法 対象者を,対照群(136例),ライフスタイル介入群(133例),metformin群(133例),ライフスタイル介入+metformin群(129例)にランダム化。
・metformin投与:500mg/日(分2)から投与開始し,最初の50例(metformin群26例,ライフスタイル介入+metformin群24例)においては2週後に1000mg/日(分2)に増量(1000mg/日の投与期間は中央値40日。以後は全例において500mg/日を投与)。
・ライフスタイル介入:健康的な食事および定期的な運動に関するアドバイスを実施。
6ヵ月ごとに2型糖尿病の発症(空腹時血糖値≧126mg/dLおよび/またはOGTT 2時間値≧200mg/dL)を追跡。
●結果 3年間の糖尿病累積発症率は,対照群55.0%,ライフスタイル介入群39.3%,metformin群40.5%,ライフスタイル介入+metformin群39.5%であった。対照群に対する糖尿病発症の相対リスク減少は,ライフスタイル介入群28.5%(95%CI 20.5-37.3,p=0.018),metformin群26.4%(95%CI 19.1-35.1,p=0.029),ライフスタイル介入+metformin群28.2%(95%CI 20.3-37.0,p=0.022)であった。
1件の糖尿病発症を予防するために介入が必要な人数は,ライフスタイル介入群6.4,metformin群6.9,ライフスタイル介入+metformin群6.5であった。
●結論 IGTを認めるインド人において,ライフスタイル介入プログラムまたはmetformin投与により2型糖尿病発症は有意に抑制された。両者の併用による相加効果は認められなかった。