編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2018年3月現在,1155報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Shimamoto K, Kita T, Mabuchi H, Matsuzaki M, Matsuzawa Y, Nakaya N, Oikawa S, Saito Y, Sasaki J, Itakura H, et al.: Effects of hypertension and type 2 diabetes mellitus on the risk of total cardiovascular events in Japanese patients with hypercholesterolemia: implications from the Japan Lipid Intervention Trial (J-LIT). Hypertens Res 2007; 30: 119-123. [PubMed]

わが国の高コレステロール血症患者で行われたJ-LIT試験を,糖尿病と高血圧について事後解析した報告である。糖尿病患者では非糖尿病患者に比べて,心血管イベント発生率が1.68倍と高値であった。SBP 130mmHg,DBP 80mmHgを基準として血圧レベルで層別すると,それ以上のどの血圧レベルでも,糖尿病患者で非糖尿病患者に比べてイベントが高頻度であった。このことは,糖尿病患者の降圧目標を<130/80mmHgとしている日本高血圧学会のガイドラインを含め,多くのガイドラインを指示する結果といえる。【片山茂裕

●目的 日本人の高コレステロール血症患者において,心血管イベントと糖尿病および血圧レベルとの関係を検討した。J-LITのサブ解析。
●デザイン コホート,オープンラベル。
●試験期間 登録期間は1992~1993年。追跡期間は6年(~1999年6月)。
●対象患者 40221例:J-LITの参加者(血清総コレステロール値≧220mg/dLの男性[35~70歳]または閉経後女性[<70歳],52451例)のうち,冠動脈心疾患を認めず,冠インターベンションまたは脳卒中の既往を有さない例。
除外基準:最近の冠イベントまたは脳卒中,コントロール不良の糖尿病,重篤な肝または腎疾患の併発,二次性高コレステロール血症,悪性または予後不良の疾患。
●方法 J-LITでは,HMG-CoA還元酵素阻害薬simvastatin 5~10mg/日を投与。
本解析では,対象患者を糖尿病の有無(糖尿病例6288例,非糖尿病例33933例)およびベースラインの血圧(SBP:<130,130~139,140~149,150~159,≧160mmHg,DBP:<80,80~84,85~89,≧90mmHg)について層別化し,心血管イベント(冠イベント[心筋梗塞,心突然死]および脳卒中)との関係について検討。
●結果 追跡期間の心血管イベントの発生率は,糖尿病例で非糖尿病例に比して高かった(25.76 vs 15.40/1000人・6年,p<0.001,相対リスク1.68[95%CI 1.42-2.00])。冠イベント(7.39 vs 3.50/1000人・6年,p<0.001)および脳卒中(18.10 vs 11.85/1000人・6年,p<0.001)の発生率も,糖尿病例で高かった。
ベースラインの血圧を考慮して検討すると,心血管イベントリスクは,SBP<130mmHgの非糖尿病例に比し,≧130mmHgの非糖尿病例および糖尿病例で有意に増大しており,同様に,DBP<80mmHgの非糖尿病例に比し,<80mmHgの糖尿病例および≧80mmHgの非糖尿病例および糖尿病例で有意に増大していた。また,すべての血圧レベルにおいて,糖尿病例では非糖尿病例に比して心血管イベントリスクが高かった。
●結論 日本人の高コレステロール血症患者において,糖尿病を有する例では心血管イベント予防のために血圧を厳格に管理する必要性が示された。