編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2018年5月現在,1161報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Cholesterol Treatment Trialists' (CTT) Collaborators, , Blackwell L, Collins R, Keech A, Simes J, Peto R, Armitage J, Baigent C: Efficacy of cholesterol-lowering therapy in 18,686 people with diabetes in 14 randomised trials of statins: a meta-analysis. Lancet 2008; 371: 117-125. [PubMed]

糖尿病を伴った高脂血症におけるスタチン類の主要血管イベントの抑制効果は,LDL-C低下の絶対値にほぼ比例していることを明らかにした興味ある報告である。そしてこの治療効果は,治療前のLDL-C,HDL-C,トリグリセリドの値に依らなかった。そこで,LDL-C値の絶対量の低下ではなく目標LDL-C値を定めている現行の脂質異常症ガイドラインの再検討を論じている。しかしながら,本メタアナリシスは一次予防と二次予防の双方を含めて解析しているが,一次予防と二次予防とを同一に扱ってよいか否かの検討も必要であると思われる。【景山 茂

●目的 糖尿病患者におけるスタチン治療が主要血管イベントに及ぼす効果を検討し,さらにその効果に予後因子が及ぼす影響を検討した。
●デザイン メタアナリシス。
●試験期間 -
●対象患者 -
●方法 条件を満たすスタチン治療に関する無作為試験14件(少なくとも1つの介入の主要効果が脂質値の改善である,脂質値以外のリスク因子の改善に関して各治療群間に差がない,予定登録患者数1000例以上かつ予定治療期間2年以上)を解析対象とした。糖尿病患者18686例(1型1466例,2型17220例),非糖尿病患71370例。
1年後におけるLDL-C値の変化が臨床アウトカムに及ぼす影響を,LDL-C値1.0mmol/L低下あたりの効果として評価した。
●結果 糖尿病患者では,平均追跡期間4.3年間に3247件の主要血管イベントが発生した。
LDL-C値1mmol/Lの低下に伴い,糖尿病患者の全死亡は9%減少し(rate ratio[RR]0.91,99%CI 0.82-1.01,p=0.02),これは非糖尿病患者と同等であった(RR 0.87,99%CI 0.82-0.92,p<0.0001)。糖尿病患者におけるこの全死亡の減少は,血管死の有意な減少を反映したもので(RR 0.87,99%CI 0.76-1.00,p=0.008),非血管死には変化はみられなかった(RR 0.97,99%CI 0.82-1.16,p=0.7)。
また,LDL-C値1mmol/Lの低下に伴い,糖尿病患者の主要血管イベントは21%減少し(RR 0.79,99%CI 0.72-0.86,p<0.0001),これは非糖尿病患者と同等であった(RR 0.79,99%CI 0.76-0.82,p<0.0001)。さらに,糖尿病患者では,主要冠イベント(RR 0.78,99%CI 0.69-0.87,p<0.0001),冠血行再建術(RR 0.75,99%CI 0.64-0.88,p<0.0001),脳卒中(RR 0.79,99%CI 0.67-0.93,p=0.0002)も減少し,これらについても非糖尿病患者と同等であった。
糖尿病患者におけるLDL-C値低下に伴う主要血管イベント減少効果は,血管疾患の既往の有無にかかわらず同等であり(既往あり:RR 0.80,95%CI 0.74-0.88,既往なし:RR 0.73,95%CI 0.66-0.82),またベースラインにおける患者背景にかかわらず同等であった。
スタチン治療を実施された糖尿病患者では,LDL-C値1mmol/Lの低下に伴い,5年後の主要血管イベント発生が1000例あたり42例(95%CI 30-55)減少した。
●結論 スタチン治療が糖尿病患者の主要血管イベントに及ぼす効果は,予後因子にかかわらず同様に認められ,またそれらの効果は非糖尿病患者と同等であった。したがって,血管イベントのリスクが高いすべての糖尿病患者に対して,スタチン治療を考慮すべきと考えられた。