編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2018年3月現在,1155報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Schramm TK, Gislason GH, Vaag A, Rasmussen JN, Folke F, Hansen ML, Fosbøl EL, Køber L, Norgaard ML, Madsen M, et al.: Mortality and cardiovascular risk associated with different insulin secretagogues compared with metformin in type 2 diabetes, with or without a previous myocardial infarction: a nationwide study. Eur Heart J. 2011; 32: 1900-8. [PubMed]

デンマークの2型糖尿病患者約11万人を対象とし,メトホルミン使用者と比較してさまざまなSU薬ならびにグリニド薬repaglinideの全死亡率と,心血管死亡率,心血管疾患+心血管死亡の複合エンドポイントの発症リスクを検討した研究である。
すべての評価項目において,リスク増加がみられなかったのはSU薬のgliclazideとグリニド薬のrepaglinideのみであった。世界的に頻用されているglimepirideでは,すべての評価項目でリスク上昇がみられた。
この説明として,SU薬のうちリスク増加を示した薬物はすべて,心臓のSU受容体に結合するものであること(心筋虚血時に悪影響を及ぼす可能性が指摘されている)があげられる。
心臓に作用せず,膵臓のみに作用する薬物はgliclazideのみであること,またグリニド薬は作用時間が短いことから,心臓に悪影響を及ぼさず,エンドポイント上昇に影響しなかった可能性が考えられる。
わが国においても,同様の傾向がみられるかを検証する必要があるが,心血管疾患のハイリスクグループである糖尿病患者でのSU薬の使用において,膵臓にのみに選択的に作用するSU薬もしくは作用時間の短いグリニド薬の使用を考慮すべきであることを本研究は明確に示している。【西村理明

●目的 2型糖尿病患者において,インスリン分泌促進薬(ISs)と死亡率および心血管リスクの関連を検討し,metforminと比較した。
●デザイン コホート。
●試験期間 追跡期間3.3年間(中央値),最大9年間。
●対象患者 107806例:2型糖尿病患者。心筋梗塞(MI)既往あり9607例,MI既往なし98199例。
登録基準:≧20歳,デンマーク居住,1997~2006年に単一のISsまたはmetforminの使用を開始。
除外基準:インスリン単剤治療または併用療法。
●方法 追跡にはデンマークの住民登録システムでの個人識別番号を使用。MI既往あり/MI既往なしの患者における,ISsと関連する全死亡率,心血管死亡率および複合エンドポイント(MI+脳卒中+心血管死亡)を解析した。解析には多変量Cox比例ハザードモデルを使用した。
●結果 metforminと比較して,glimepiride(ハザード比[HR]1.32,95%CI 1.24-1.40),glibenclamide(HR 1.19,95%CI 1.11-1.28),glipizide(HR 1.27,95%CI 1.17-1.38),tolbutamide(HR 1.28,95%CI 1.17-1.39)では,MI既往なしの患者において全死亡率の上昇との関連が認められた。MI既往ありの患者では,glimepiride(HR 1.30,95%CI 1.11-1.44),glibenclamide(HR 1.47,95%CI 1.22-1.76),glipizide(HR 1.53,95%CI 1.23-1.89),tolbutamide(HR 1.47,95%CI 1.17-1.84)であった。gliclazide(MI既往なし[HR 1.05,95%CI 0.94-1.16],MI既往あり[HR 0.90,95%CI 0.68-1.20])とrepaglinide(MI既往なし[HR 0.97,95%CI 0.81-1.15],MI既往あり[HR 1.29,95%CI 0.86-1.94])では,MIの既往に関わらずmetforminと統計的な差は認められなかった。心血管死亡率と複合エンドポイントでも同様の結果であった。
●結論 metforminと比較して,glimepiride,glibenclamide,glipizide,tolbutamideを含めもっとも使用されているISsの単剤治療は,死亡率と心血管リスクの上昇に関連しているとみられる。gliclazideとrepaglinideは他のISsよりも低いリスクと関連しているようだった。