編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2018年5月現在,1161報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Roumie CL, Hung AM, Greevy RA, Grijalva CG, Liu X, Murff HJ, Elasy TA, Griffin MR: Comparative effectiveness of sulfonylurea and metformin monotherapy on cardiovascular events in type 2 diabetes mellitus: a cohort study. Ann Intern Med. 2012; 157: 601-10. [PubMed]

SU薬治療を開始した10万人と,metformin治療を開始した15万人の2型糖尿病患者におけるCVDアウトカムならびに死亡を,約7年間追跡したコホート研究である。SU薬治療を開始した患者群では明らかにCVDおよび死亡のリスクが高く,初期治療薬としてのmetforminの有用性が明示された報告である。【西村理明

●目的 2型糖尿病患者において,スルホニル尿素(SU)薬とmetforminの心血管疾患(CVD)アウトカムまたは死亡に対する効果を比較した。
一次複合アウトカムは,急性心筋梗塞または脳卒中による入院+死亡。
●デザイン レトロスペクティブ,コホート。
●試験期間 2008年9月30日試験終了。
●対象患者 253,690例:SU薬またはmetformin治療を開始した糖尿病の退役軍人。SU薬(glyburide,glipizide)開始患者98,665例,metformin開始患者155,025例。
除外基準:重篤な内科疾患(心不全,HIV,非メラノーマ皮膚癌を除く癌,臓器移植,末期腎・肝疾患,呼吸不全),コカイン使用,血清クレアチニン≧1.5mg/dL。
●方法 2001年10月1日~2008年9月30日に経口単剤療法を開始した患者を対象。
ベースラインの服用薬,コレステロール,HbA1c,血清クレアチニン,血圧,BMI,医療資源使用,併発疾患を調整。
●結果 一次複合アウトカムの粗発生率は,SU薬開始患者18.2件/1000人・年,metformin開始患者10.4件/1000人・年で,調整発生率比は2.2件/1000人・年(95%CI 1.4-3.0),調整ハザード比(aHR)は1.21(95%CI 1.13-1.30)であった。SU薬をglyburide(aHR 1.26,95%CI 1.16-1.37)とglipizide(aHR 1.15,95%CI 1.06-1.26)で分けて検討しても同様で,患者をCVDの既往,年齢,BMI,アルブミン尿で分けて検討しても同様であった。
●結論 2型糖尿病患者において,SU薬を開始した患者はmetforminを開始した患者に比し,CVDイベントと死亡のリスクが上昇した。