編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2018年7月現在,1168報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Goto A, Arah OA, Goto M, Terauchi Y, Noda M: Severe hypoglycaemia and cardiovascular disease: systematic review and meta-analysis with bias analysis. BMJ. 2013; 347: f4533. [PubMed]

近年着目されている,低血糖と心血管疾患リスクの関係を,メタ解析で検討した報告である。対象は6試験,約90万にものぼる。
その結果,重症低血糖は,心血管疾患の相対リスクを約2倍,絶対リスクを1.56%上昇させることが示された。
本メタ解析の特徴は,さまざまな因子(地域,追跡期間,インスリン使用,人種,喫煙,BMIなど)の影響を考慮した解析まで行っていることであり,かつこれらの因子が,重症低血糖が心血管疾患のリスク上昇に及ぼす影響とは,ほぼ無縁であることを示したことである。
低血糖を起こさず,いかに血糖コントロールを正常化させるかが,糖尿病診療における大きな命題であることを示したメタ解析であるといえよう。【西村理明

●目的 2型糖尿病患者において,重症低血糖症と心血管疾患リスクとの関連を検討した。
●デザイン システマティックレビュー,メタアナリシス。
●試験期間
●対象患者 903,510例:2型糖尿病患者を対象とした6つのコホート研究(前向き2試験[ADVANCE 2010,VADT 2011],後ろ向き4試験[Johnston 2011,Zhao 2012,Rathmann 2012, Hsu 2012])。
コホート研究の採用基準:評価項目として心血管疾患の報告があり,低血糖症と心血管疾患との関連をみた研究。急性期病院で行われた研究は除外した。
●方法 電子データベース(MEDLINE,EMBASE,Cochrane library,Web of Science)より以下の検索語を用いて検索(2013年3月迄)。
(“diabetes mellitus, type 2”[MeSH Terms] OR “type 2 diabetes mellitus” [All Fields]) AND (“hypoglycemia” [MeSH Terms] OR “hypoglycemia” [All Fields] OR “hypoglycaemia” [All Fields]) AND (“cardiovascular disease” [MeSH Terms] OR “cardiovascular diseases” [All Fields]) OR (“cardiovascular” [All Fields] AND “diseases” [All Fields]) OR (“cardiovascular” [All Fields] AND “disease” [All Fields])
データ抽出は,2名が独立して実施(相違が生じた場合は議論により解決)。
●結果 ランダム効果モデルによるメタアナリシスの結果,重症低血糖症は心血管疾患のリスクと強く関連していた(相対リスク2.05,95%信頼区間1.74-2.42,P<0.001)。
重症低血糖症は心血管疾患の発症率を絶対値で1.56%(95%信頼区間1.32-1.81,P<0.001)有意に上昇させた。
試験間の異質性が中等度に認められたが(I2=73.1%,P=0.002),層別解析(試験デザイン[前向き/後向き],地域[アメリカ/非アメリカ],性別[男性>95%,または男女],追跡期間[>1年,≦1年],インスリン使用者[含む/除外],人種および脂質異常症による調整[実施/非実施],喫煙による調整[実施/非実施],BMIによる調整[実施/非実施])では,ほとんどのサブグループで同様の結果が認められた。
また,重症合併症を調整したバイアス解析の結果,重症合併症は重症低血糖症と心血管疾患の関連とは独立していた。
●結論 2型糖尿病患者において,重症低血糖症と心血管疾患リスク上昇との関連が示唆された。