編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2017年9月現在,1114報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Spijkerman AM, van der A DL, Nilsson PM, Ardanaz E, Gavrila D, Agudo A, Arriola L, Balkau B, Beulens JW, Boeing H, et al.; InterAct Consortium: Smoking and long-term risk of type 2 diabetes: the EPIC-InterAct study in European populations. Diabetes Care. 2014; 37: 3164-71. [PubMed]

多くの検討により,喫煙が2型糖尿病の発症リスクになることが示されている。2007年のメタ解析(JAMA. 2007;298:2654-64. [PubMed])では,非喫煙者に比べ喫煙者では2型糖尿病発症リスクのハザード比が1.44倍,2014年のメタ解析(米国公衆衛生局長官報告[文献PDF])でも1.37倍と報告されている。その病因論については,喫煙によりインスリン抵抗性が悪化したり,体重は減少するものの内臓肥満となることなどがあげられている。しかしながら,今回のように年齢・地域・教育・身体活動・アルコール摂取量・肉類の摂取量などの交絡因子を考慮した検討は少ない。これらの交絡因子を考慮に入れても,過去の喫煙や現在の喫煙は明らかに2型糖尿病の発症リスクであり,臨床の現場でも,耐糖能低下例や糖尿病患者での禁煙教育を強化すべきといえる。【片山茂裕

●目的 喫煙と2型糖尿病発症リスクとの関連を検討した。
●デザイン コホート内症例対照研究,欧州8ヵ国。
●試験期間 追跡期間は平均11.7(0~17.5)年。
●対象患者 EPICコホート研究参加者のうち,1991~2007年に2型糖尿病を発症した10,327例,非糖尿病のサブコホート13,863例(追跡期間中に2型糖尿病を発症した676例を含む)。
除外基準:喫煙状況不明,葉巻またはキセルのみを喫煙,喫煙本数/日の情報がない,禁煙後の日数の情報がない,潜在的交絡因子/仲介因子の情報がない,腹囲値が不明の者。
●方法 男女別に喫煙状況で3つにカテゴリー分けし(非喫煙者[対照],禁煙者,喫煙者),喫煙と2型糖尿病発症との関連を検討。Country-specific Prentice-weighted Cox回帰モデルおよびランダム効果メタ解析を用いて,2型糖尿病発症のハザード比(HR)を算出した。HRは,年齢,教育レベル,施設,身体活動,アルコール摂取量,コーヒー摂取量,肉の摂取量で調整し(モデル2),さらに腹囲およびBMIでの調整も実施した(モデル4)。また,腹囲(<102cm,≧102cm),BMI(<25kg/m2,≧25kg/m2),高血圧(有無)で層別したサブグループ解析を実施し,効果修飾を検討した。
非糖尿病の対照は,糖尿病既往例および糖尿病罹患状況不明者を除外し,施設の層別で無作為抽出した。
●結果 男性における2型糖尿病発症リスクは,非喫煙者に対し,年齢・地域・教育・身体活動・アルコール摂取量・肉類の摂取量などで調整しても,禁煙者(HR 1.40,95%信頼区間1.26-1.55),喫煙者(HR 1.43,1.27-1.61)で有意に高く(モデル2),さらに腹囲で調整するとそれぞれHR 1.25(1.12-1.40),HR 1.45(1.28-1.65)(モデル3),BMIで調整するとそれぞれHR 1.29(1.15-1.45),1.57(1.38-1.79)となった(モデル4)。女性においても,非喫煙者に対する2型糖尿病発症リスクは,禁煙者(HR 1.18,1.07-1.30),喫煙者(HR 1.13,1.03-1.25)ともに有意に高く(モデル2),さらに腹囲で調整後はそれぞれHR 1.19(1.06-1.33),HR 1.39(1.25-1.56)(モデル3),BMIで調整後はそれぞれHR 1.23,1.10-1.37, HR 1.47,1.32-1.65と有意であったが(モデル4),男性に比べてリスクが弱めであった。
以上より,男女ともに,腹囲およびBMIが効果修飾因子であることが示されたが,腹囲,BMI,高血圧有無のサブグループ解析では,以前の喫煙および現在の喫煙による2型糖尿病発症リスクがわずかに高かったのは,男性の正常体重者(BMI<25 kg/m2)のみであった。
●結論 男女ともに,非喫煙者にくらべ,過去および現在の喫煙者では2型糖尿病発症リスクが高かった。このリスク増加は教育レベル,身体活動,アルコール摂取,および食習慣とは独立していた。喫煙は2型糖尿病発症の修飾危険因子と考えられ,糖尿病予防のためには禁煙を推奨すべきである。