編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2017年9月現在,1114報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Weinstock RS, Guerci B, Umpierrez G, Nauck MA, Skrivanek Z, Milicevic Z: Safety and efficacy of once-weekly dulaglutide versus sitagliptin after 2 years in metformin-treated patients with type 2 diabetes (AWARD-5): a randomized, phase III study. Diabetes Obes Metab. 2015; 17: 849-58. [PubMed]

新しい週一回投与のGLP-1受容体作動薬dulaglutideをDPP-4阻害であるsitagliptinとhead-to-headで比較した貴重な成績である。抄録には記載されていないが,dulaglutide 1.5mgあるいは0.75mg群で,104週でHbA1c<7.0%を達成した患者の割合はそれぞれ54%,45%であり,sitagliptin群の31%より有意に多かった。dulaglutide群では体重減少も大きく,GLP-1受容体作動薬でみられる消化器症状などの有害事象も投与初期の2~4週以降は漸減した。104週という長期でのdulaglutideのsitagliptinに優る有効性・安全性が示されたといえる。【片山茂裕

●目的 2型糖尿病患者において,GLP-1受動体作動薬dulaglutide週一回皮下注とDPP-4阻害薬sitagliptinの長期追跡データを比較した。
●デザイン 無作為,二重盲検,多施設(12ヵ国,111施設),intention-to-treat解析,last observation carried forward法,第III相,アダプティブデザイン(シームレス)。
●試験期間 治療期間は104週,有効性の追跡期間は治療開始から104週,安全性の追跡期間は治療開始から108週。
●対象患者 921例:2型糖尿病(罹病期間≧6ヵ月)患者。平均年齢54歳,男性47.4%,糖尿病罹病期間7年,BMI 31kg/m2,HbA1c 8.1%。
採用基準:18~75歳,HbA1c>8.0%かつ≦9.5%で食事・運動療法のみ実施,または≧7.0%かつ≦9.5%で単独/併用療法(metformin+他の経口血糖降下薬)実施,BMI 25~40kg/m2,ランダム化前に6週間以上のmetformin単独療法(≧1500mg/日)を実施。
●方法 最大11週間のmetforminによる導入期間後,dulaglutide 1.5mg群(304例),dulaglutide 0.75mg群(302例),sitagliptin 100mg群(315例),プラセボ群(177例,26週後からsitagliptin 100mg)に2:2:2:1にランダム化。
本論文ではdulaglutide1.5mg群,0.75mg群,sitagliptin群の921例の治療104週後の結果を検討した。
●結果 ベースラインから104週後のHbA1cの変化(最小二乗平均±SE)は,dulaglutide 1.5mg群 -0.99±0.06%(p<0.001 vs. sitagliptin群),dulaglutide 0.75mg群 -0.71±0.07%(p<0.001 vs. sitagliptin群),sitagliptin群 -0.32±0.06%であった。sitagliptin群にくらべ,dulaglutide 1.5mg群(群間差 -0.67%),0.75mg群(群間差 -0.39%)ともに,それぞれ有意に大きく低下した(それぞれp<0.001)。
ベースラインから104週後の体重変化(最小二乗平均±SE)は,dulaglutide 1.5mg群 -2.88±0.25kg,dulaglutide 0.75mg群 -2.39±0.26kg,sitagliptin群 -1.75±0.25kgであり,dulaglutide 1.5mg群でsitagliptin群にくらべて有意に大きく減量した(群間差 -1.14kg,p<0.001)。
消化管の有害事象(吐き気,下痢,嘔吐)はdulaglutide 1.5mg群,0.75mg群で,sitagliptin群にくらべて多かった。膵臓,甲状腺,心血管,過敏性の安全性は全群で同程度であった。
●結論 治療104週間において,dulaglutideは1.5mg,0.75mgともに血糖コントロールに優れ,dulaglutide 1.5mgはsitagliptinよりも体重の減少が大きかった。