編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2017年8月現在,1106報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Inagaki N, Harashima S, Maruyama N, Kawaguchi Y, Goda M, Iijima H. Efficacy and safety of canagliflozin in combination with insulin: a double-blind, randomized, placebo-controlled study in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus. Cardiovasc Diabetol. 2016; 15: 89. [PubMed]

本試験は平均インスリン用量30単位,BMI 26kg/m2という平均的な日本人の2型糖尿病患者を対象とした,インスリン治療に対するcanagliflozinの上乗せ試験である。canagliflozin投与の有用性および安全性が明らかに示されており,低血糖に対してもその多くは10%程度のインスリン減量で対処できるというデータは有用な情報である。【綿田裕孝

●目的 インスリン/食事/運動療法でコントロール不良の日本人2型糖尿病患者における,インスリンと併用したcanagliflozinの有効性と安全性を検討した。
一次エンドポイントはベースラインから16週後のHbA1cの変化。
●デザイン 無作為,パラレル,二重盲検
●試験期間 治療期間は16週。
●対象患者 2型糖尿病患者146例:平均年齢59.7(canagliflozin群)/56.1歳(プラセボ群),男性57.9/70%,糖尿病罹病期間15.18/12.34年,BMI 26.88/25.99 kg/m2,糖尿病合併症65.8/68.6%,HbA1c 8.89/8.85%,空腹時血糖169.9/169.1 mg/dL,推算糸球体濾過量(eGFR)83.8/86.1 mL/分/1.73m2,インスリン用量31.1/28.1 unit。
採用基準:食事/運動療法を受けている者,12ヵ月以上の固定容量でのインスリン治療を受けている者,HbA1c≧7.5%~<10.5%かつ12週以内に禁止された糖尿病治療薬を服用していない者。
除外基準:1型糖尿病,膵臓疾患による糖尿病/二次性糖尿病,重度の糖尿病合併症,先天性グルコース-ガラクトース吸収不全/腎性糖尿病,収縮期血圧≧160mmHg/拡張期血圧≧100mmHg,重度の腎/肝疾患,eGFR<45mL/分/1.73m2,アルコール中毒,妊娠/妊娠可能性,授乳,避妊の拒否。
●方法 4週間のrun-in期間後,対象患者をcanagliflozin群(76例)またはプラセボ群(70例)に1:1にランダム化し,canagliflozin 100mgを1日1回,朝食前に16週間投与した後,2週間追跡した。
全例にインスリン(8~60 unit)を投与した。用量は固定としたが,低血糖などを回避するため10%以内の増減は可とした。
●結果 プラセボ群に比べcanagliflozin群ではHbA1cが有意に低下した(それぞれ0.13±0.08%,-0.97±0.08%,群間差-1.10[95%CI -1.33 to -0.87],p<0.001)。canagliflozin群のHbA1c低下はインスリン処方(混合型,持続型,持続型+速効型/短時間作用型)とは独立していた。プラセボ群に比べcanagliflozin群では空腹時血糖(-1.4±5.0mg/dL,-34.1±4.8mg/dL,群間差-32.6mg/dL[-46.3 to -18.9],p<0.001)および体重(0.24±0.26kg,-2.13±0.25kg,群間差-2.37kg[-3.09 to -1.65],p<0.001)を有意に低下させ,HDL-C(-0.5±1.0mg/dL,3.3±1.0mg/dL,群間差3.7mg/dL[1.0 to 6.5],p=0.007)およびHOMA2-%B(0.88±1.42%,10.15±1.37,群間差9.27[5.35 to 13.19],p<0.001)を有意に増大させた。
全体的な有害事象の発生率は両群で同様であった。低血糖の発生率および低血糖暴露の発生率/人・年(低血糖症状および/または血糖値低下)はプラセボ群(それぞれ29.6%,4.51%)よりもcanagliflozin群(40%,7.97%)のほうが高かった。しかし両群の低血糖イベントの重症度は中程度であり,<10%のインスリン減量によりcanagliflozin群の発生率/人・年は低下した。群間の低血糖発生率はインスリン処方による差はなかった。
●結論 日本人2型糖尿病患者においてインスリンと併用したcanagliflozinは,血糖コントロール改善と減量に効果的で,忍容性も良好であった。