編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2017年12月現在,1134報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Zoungas S, Arima H, Gerstein HC, Holman RR, Woodward M, Reaven P, Hayward RA, Craven T, Coleman RL, Chalmers J; Collaborators on Trials of Lowering Glucose (CONTROL) group. Effects of intensive glucose control on microvascular outcomes in patients with type 2 diabetes: a meta-analysis of individual participant data from randomised controlled trials. Lancet Diabetes Endocrinol. 2017; 5: 431-437. [PubMed]

血糖コントロールが細小血管イベントに与える影響を検討したメタ解析である。神経障害に関しては,血糖コントロールによる合併症進展に対する抑制効果が得られなかったが,これは神経障害の評価項目が厳格すぎたためではないかと考えられる。【綿田裕孝

●目的 2型糖尿病患者において,細小血管イベントリスクに対する強化血糖コントロールの効果を検討した。
主要評価項目は,腎イベント(末期腎疾患+腎死+推算糸球体濾過量<30mL/分/1.73m2+顕性糖尿病腎症の発症),眼イベント(網膜光凝固術または硝子体切除術+増殖性網膜症の発症+糖尿病網膜症の進展),神経イベント(振動覚,アキレス腱反射,軽い触覚の新規喪失)。
●デザイン メタアナリシス。
●試験期間 追跡期間は5.0年(中央値)。
●対象患者 2型糖尿病患者27,049例。平均年齢62.2(ACCORD)/65.8(ADVANCE)/53.3(UKPDS)/60.4歳(VADT),女性39/42/39/3%,糖尿病罹病期間10/7/0/10年,大血管障害の既往35/32/2/40%,細小血管障害の既往39/10/1/8%,HbA1c 8.3/7.5/7.0/9.4%,収縮期血圧136.4/145/134.9/131.6mmHg,BMI 32.2/28.3/27.5/31.2kg/m2
●方法 2009年2月1日~2017年1月20日に発表された文献で,成人2型糖尿病患者において強化血糖コントロールの効果を評価した追跡期間≧1000人-年(割り付け治療の平均追跡期間≧2年)のランダム化比較試験4件を抽出(ACCORD,ADVANCE,UKPDS,VADT)。
ランダム効果モデルを用いて,ハザード比(HR)を算出した。
●結果 追跡期間中の腎イベントは1,626件,眼イベントは795件,神経イベントは7,598件であった。
強化血糖コントロールは非強化血糖コントロールに比し,追跡終了時の平均HbA1cが0.90%低下した(95%CI-1.22 to -0.58)。
強化血糖コントロールでは,非強化血糖コントロールに比べ,腎イベントリスクが20%低下(HR 0.80,95%CI 0.72 to 0.88,p<0.0001),眼イベントリスクが13%低下(HR 0.87,95%CI 0.76 to 1.00,p=0.042)したが,神経イベントリスクの低下は認められなかった(HR 0.98,95%CI 0.87 to 1.09,p=0.68)。
●結論 2型糖尿病患者において,5年にわたる強化血糖コントロールにより,腎イベントと眼イベントのリスクが低下した。