編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝
2017年12月現在,1134報収載!
全トライアルリスト
[HOMEに戻る]
Kashiwagi A, Kazuta K, Goto K, Yoshida S, Ueyama E, Utsuno A. Ipragliflozin in combination with metformin for the treatment of Japanese patients with type 2 diabetes: ILLUMINATE, a randomized, double-blind, placebo-controlled study. Diabetes Obes Metab. 2015 Mar;17(3):304-8. [PubMed]

インスリン分泌を促進しない経口糖尿病治療薬であるmetforminとipragliflozinの併用が,低血糖を引き起こすことなく血糖コントロールを改善したことは注目に値する。
また,ipragliflozinではないが他のSGLT2阻害薬では心血管イベントに関する好ましい効果が報告されている。本研究においても,血糖コントロールのみならず,体重,腹囲,血清脂質プロファイル,およびアディポネクチンについて好ましい変化が観察されている。
metforminの次の一手の薬剤選択に参考となる臨床試験成績である。【景山茂】

●目的 日本人2型糖尿病患者において,metforminへのipragliflozin追加の有効性と安全性を検討した。
一次エンドポイントはベースラインからのHbA1cの変化。
●デザイン 無作為,二重盲検,プラセボ対照,多施設(日本34施設)。
●試験期間 2010年5月~2011年11月。試験期間は24週間(延長試験は28週間)。
●対象患者 日本人2型糖尿病患者168例。平均年齢57.7(プラセボ群)/56.2歳(ipragliflozin群),男性58.9/58.9%,BMI 25.47/25.96kg/m2,糖尿病罹病期間96.6/89.9ヵ月,HbA1c 8.38/8.25%,空腹時血糖174.5/161.6mg/dL。
選択基準:20歳以上,糖尿病罹病歴12週間以上,metformin治療歴6週間以上,HbA1c 7.4~9.9%,BMI 20.0~45.0 kg/m2
●方法 4週間の観察期間と2週間のrun-in期間後,対象患者をipragliflozin群(112例)およびプラセボ群(56例)に2:1にランダム化。なお,metforminは観察期間の前までに6週間以上服用されており,試験期間中は用量を変更しないこととした。また,metformin以外の経口血糖降下薬は観察期間の6週間前までに中止とした。
24週後にHbA1cが<8.4%の症例のみ28週間の延長試験に参加した。延長試験では全例がipragliflozinを服用し,20週時にHbA1c≧7.4%の場合,ipragliflozinを100mgまで増量可とした。
●結果 試験を完遂したのはプラセボ群42例,ipragliflozin群110例であった。
一次エンドポイントであるHbA1cの変化は,ipragliflozin群では0.87%低下したがプラセボ群では0.38%上昇し,平均群間差は-1.30%(95%CI -1.501 to -1.095,p<0.001)であった。
体重の変化は,ipragliflozin群で-2.33kg,プラセボ群で-0.63kgであり,平均群間差は-1.69kg(-2.256 to -1.117,p<0.001),腹囲はそれぞれ-2.39cm,-0.48cmであり,平均群間差は-1.83cm(-2.927 to -0.725,p=0.001)であった。
治療開始前にHbA1c<8.0%であったのはプラセボ群32.1%,ipragliflozin群40.2%であり,いずれの群においても<7.0%の症例はみられなかった。24週後にHbA1c<8.0%を達成したのはプラセボ群17.9%,ipragliflozin群86.6%であり,<7.0%を達成したのはプラセボ群0%,ipragliflozin群21.4%であった。
有害事象がみられたのはプラセボ群80.4%,ipragliflozin群71.4%であり,その内訳は両群で同様であった。重度の有害事象を経験したのはいずれの群でも2例であった。頻尿および便秘の発生率はipragliflozin群のほうがプラセボ群よりも高く(それぞれ5.4 vs. 1.8%,4.5 vs. 1.8%),膀胱炎はipragliflozin群のほうが低かった。いずれの群でも生殖器感染症および低血糖は報告されなかった。metforminの用量は有害事象の発生に影響しなかった。
●結論 日本人2型糖尿病患者において,metforminへのipragliflozinの追加は有意に血糖コントロールを改善し,体重と腹囲を減少させた。