編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝

DAFNE  ★☆☆

1型糖尿病患者に対する柔軟な強化インスリン療法の指導が血糖コントロールとQOLを改善するか否かを検討した。
-  BMJ 2002; 325: 746-749.

DAIS  ★★★

2型糖尿病患者に対するfenofibrateの冠動脈疾患進展抑制効果を検討した。
-  Lancet 2001; 357: 905-910.

DAIS  ★★☆

2型糖尿病患者において,血漿脂質値およびLDL粒子径の変化が,fenofibrateの冠動脈疾患進展抑制効果に及ぼす影響を検討した。
Vakkilainen J, et al.  Circulation 2003; 107: 1733-1737.

DAIS  -

脂質代謝異常を有する2型糖尿病患者において,fenofibrateの血漿ホモシステイン値に対する効果を検討するとともに,この効果が冠動脈疾患の進展およびその他の臨床イベントに及ぼす影響を検討した。
Genest J, et al.  Am J Cardiol 2004; 93: 848-853.

DAIS  ★★☆

2型糖尿病患者において,fenofibrateを用いた脂質低下療法によりアルブミン尿の進展抑制効果が得られるかを検討した。
Ansquer JC, et al.  Am J Kidney Dis 2005; 45: 485-493.

DAISY  ★☆☆

インスリン治療中の日本人2型糖尿病患者において,dapagliflozin追加投与の有効性と安全性を評価した。
Araki E, et al.  Diabetes Obes Metab. 2017; 19: 562-570.

DALI  -

脂質代謝異常を認める2型糖尿病患者において,atorvastatin 10mg/日および80mg/日投与の有効性を検討した。
Diabetes Atorvastatin Lipid Intervention (DALI) Study Group.  Diabetes Care 2001; 24: 1335-1341.

DALI  ★★☆

脂質代謝異常を認める2型糖尿病患者において,atorvastatin 10mg/日および80mg/日投与による脂質低下療法の内皮機能に対する有効性を検討した。
van Venrooij FV, et al.  Diabetes Care 2002; 25: 1211-1216.

DALI  ★★☆

2型糖尿病患者において,atorvastatinのC反応性蛋白減少効果に用量依存性が認められるか否かを検討した。
van de Ree MA, et al.  Atherosclerosis 2003; 166: 129-135.

DAMAD  ★★☆

早期糖尿病網膜症に対するaspirinとdipyridamoleの治療効果を検討した。
-  Diabetes 1989; 38: 491-498.

DANAMI-2  ★☆☆

ST上昇型急性心筋梗塞患者において,初回経皮的冠インターベンションまたはフィブリン溶解療法実施後の長期アウトカムに糖尿病が及ぼす影響を検討した。DANAMI-2試験のサブ解析。
Madsen MM, et al.  Am J Cardiol 2005; 96: 1469-1475.

Dapagliflozin 006 Study  ★☆☆

インスリン±経口抗糖尿病薬でコントロール不良の2型糖尿病患者において,dapagliflozin追加の有効性と安全性を検討した。
Wilding JP, et al.; Dapagliflozin 006 Study Group.  Ann Intern Med. 2012; 156: 405-15.

DAPIT  ★☆☆

1型糖尿病の女性において,妊娠前および妊娠中の血糖コントロールと,子癇前症および妊娠高血圧リスクの相関を検討した。
Holmes VA, et al.; Diabetes and Pre-eclampsia Intervention Trial Study Group.  Diabetes Care. 2011; 34: 1683-8.

DAPIT  ★★★

1型糖尿病の妊婦において,妊娠中期および妊娠後期の血糖コントロールと,母体および新生児アウトカムとの関連を検討した。
Maresh MJ, et al.; Diabetes and Pre-eclampsia Intervention Trial Study Group.  Diabetes Care. 2015; 38: 34-42.

DARTS/MEMO  ★☆☆

1型糖尿病およびインスリン治療を行っている2型糖尿病患者において,自己報告の低血糖発生率を評価し,その予測因子を検討した。
Donnelly LA, et al.  Diabet Med 2005; 22: 749-755.

DARTS/MEMO  ★★☆

下肢切断術後の死亡および大血管障害のリスクを糖尿病患者と非糖尿病患者で比較した。
Schofield CJ, et al.  Diabetes Care 2006; 29: 2252-2256.

DAVID  ★☆☆

末梢血管疾患を有する2型糖尿病患者において,全死亡および重度の心血管イベントに対するpicotamideとaspirinの有効性を比較した。
Neri Serneri GG, et al.  Eur Heart J 2004; 25: 1845-1852.

DCCT  ★★☆

1型糖尿病患者において,血圧レベルと糖尿病腎症リスクの関連を検討し,強化血糖コントロール療法により関連が変化するかを検討した。
Ku E, et al.   Diabetes Care. 2016; 39: 2218-2224.

DCCT (1993)  ★★★

IDDMにおける強化インスリン療法の細小血管合併症発症・進展予防効果を検討した。
-  N Engl J Med 1993; 329: 977-986.

DCCT (1994)  ★☆☆

青年期IDDMにおける強化インスリン療法の細小血管合併症発症・進展予防効果を検討した。
-  J Pediatr 1994; 125: 177-188.

DCCT (1995)  ★★★

強化インスリン療法による糖尿病網膜症の進行抑制効果を調査した。
-  Arch Ophthalmol 1995; 113: 36-51.

DCCT (1995)  -

IDDMにおける強化インスリン療法の神経障害発症予防・遅延効果を,従来療法と比較検討した。
-  Ann Intern Med 1995; 122: 561-568.

DCCT (1996)  ★★☆

DCCTの試験期間中に妊娠したIDDM患者に対する強化インスリン療法が母体および胎児の転帰に及ぼす影響を検討した。
-  Am J Obstet Gynecol 1996; 174: 1343-1353.

DCCT (1998)  ★☆☆

1型糖尿病における強化インスリン療法の残存膵β細胞機能に及ぼす影響を検討した。
-  Ann Intern Med 1998; 128: 517-523.

DCCT (1998)  ★★☆

網膜症の早期悪化の頻度,重要性,リスク因子を調査した。
-  Arch Ophthalmol 1998; 116: 874-886.

DCCT (2000)  ★★☆

女性の1型糖尿病患者で,妊娠が網膜症および微量アルブミン尿の発生と進行に及ぼす影響を評価した。
-  Diabetes Care 2000; 23: 1084-1091.

DCCT (2001)  ★★☆

成人の1型糖尿病患者で,強化インスリン療法と従来インスリン療法の体重増加および身体組成に対する効果を比較検討した。
-  Diabetes Care 2001; 24: 1711-1721.

DCCT (2002)  ★☆☆

1型糖尿病患者におけるHbA1c値と血漿ブドウ糖値との関係を検討した。
Rohlfing CL, et al.  Diabetes Care 2002; 25: 275-278.

DCCT (2003)  -

1型糖尿病患者において,強化療法による体重増加と2型糖尿病の家族歴,重度の低血糖の頻度,β細胞の自己抗体との関係を検討した。
Purnell JQ, et al.  Diabetes 2003; 52: 2623-2629.

DCCT (2005)  -

1型糖尿病患者において,強化インスリン療法が心血管疾患リスクに関連する炎症性マーカーに及ぼす影響を検討した。
Schaumberg DA, et al.  Circulation 2005; 111: 2446-2453.

DCCT (2007)  ★★☆

1型糖尿病患者において,メタボリックシンドローム,インスリン抵抗性,インスリン用量が細小血管障害および大血管障害に対する予測能を有するかを検討した。
Kilpatrick ES, et al.  Diabetes Care 2007; 30: 707-712.

DCCT/EDIC  ★★☆

強化インスリン療法による細小血管合併症の抑制効果が,試験終了後も持続するかを検討した。
-  N Engl J Med 2000; 342: 381-389.

DCCT/EDIC  ★★☆

1型糖尿病患者において,頸動脈内膜-中膜壁肥厚の変化およびそれに関与するリスク因子について検討した。
Nathan DM, et al.  N Engl J Med 2003; 348: 2294-2303.

DCCT/EDIC  ★★★

1型糖尿病患者において,強化インスリン療法の長期的な心血管疾患発症リスク抑制効果を検討した。
Nathan DM, et al.  N Engl J Med 2005; 353: 2643-2653.

DCCT/EDIC  ★☆☆

過去に行われた糖尿病治療がアテローム性動脈硬化の指標である冠動脈石灰化に及ぼす長期的影響を評価するとともに,CACと相関を示す因子を検討した。
Cleary PA, et al.  Diabetes 2006; 55: 3556-3565.

DCCT/EDIC  ★☆☆

1型糖尿病患者において,糖尿病治療,HbA1c値,重度の低血糖イベントが認知機能に及ぼす影響を検討した。
Diabetes Control and Complications Trial/Epidemiology of Diabetes Interventions and Complications Study Research Group, et al.  N Engl J Med 2007; 356: 1842-1852.

DCCT/EDIC  ★☆☆

DCCT終了時における潜在性神経障害を評価し,その群間差がその後の神経障害発生リスクに影響しているかを検討した。
Albers JW, et al.  Diabetes Care 2007; 30: 2613-2618.

DCCT/EDIC  ★★★

1型糖尿病患者において,強化インスリン療法および高血糖が,高血圧の発症に影響するかを検討した。
de Boer IH, et al.; Diabetes Control and Complications Trial (DCCT)/Epidemiology of Diabetes Interventions and Complications (EDIC) Study Research Group.  Arch Intern Med. 2008; 168: 1867-73.

DCCT/EDIC  ★★☆

1型糖尿病患者において,腎不全の発症および進展をアルブミン尿の有無別に検討した。
Molitch ME, et al.; Epidemiology of Diabetes Interventions and Complications Study Group.  Diabetes Care. 2010; 33: 1536-43.

DCCT/EDIC  ★★☆

1型糖尿病患者において,長期的な認知機能低下に対するリスク因子を検討した。
Jacobson AM, et al.; Diabetes Control and Complications Trial/EDIC Research Group.  Diabetologia. 2011; 54: 245-55.

DCCT/EDIC  ★★☆

1型糖尿病患者において,微量アルブミン尿を発症後の長期腎アウトカムを検討した。
de Boer IH, et al.; Diabetes Control and Complications Trial/Epidemiology of Diabetes Interventions and Complications Study Research Group.  Arch Intern Med. 2011; 171: 412-20.

DCCT/EDIC  ★☆☆

1型糖尿病患者において,心血管疾患リスク因子と心筋の構造,機能,瘢痕の関連を検討した。
Turkbey EB, et al.; DCCT/EDIC Research Group.  Circulation. 2011; 124: 1737-46.

DCCT/EDIC  ★★★

1型糖尿病患者において,強化インスリン療法の糸球体濾過量低下の予防効果を検討した。
de Boer IH, et al.; DCCT/EDIC Research Group.  N Engl J Med. 2011; 365: 2366-76.

DCCT/EDIC  ★★★

1型糖尿病患者において,強化治療による過度の体重増加と動脈硬化性疾患の関連を検討した。
Purnell JQ, et al.; DCCT/EDIC Research Group.  Circulation. 2013; 127: 180-7.

DCCT/EDIC  ★★★

1型糖尿病患者において,強化血糖コントロールが網膜症発症リスクおよび眼科手術のコストに与える影響を標準治療と比較検討した。
Aiello LP, et al.; DCCT/EDIC Research Group.  N Engl J Med. 2015; 372: 1722-33.

DCCT/EDIC  ★★★

1型糖尿病患者において,発症早期に行った強化療法の心血管疾患(CVD)発症に対する長期効果を検討した。
Diabetes Control and Complications Trial (DCCT)/Epidemiology of Diabetes Interventions and Complications (EDIC) Study Research Group.  Diabetes Care. 2016; 39: 686-93.

DCCT/EDIC  ★★★

1型糖尿病患者の死亡率を米国の一般住民と比較した。
DCCT/EDIC Study Research Group.  Diabetes Care. 2016; 39: 1378-83.

DDCRT 5  ★☆☆

2型糖尿病患者において,血清ビリルビン値と糖尿病腎症の発症・進展との関連を検討した。
Mashitani T, et al.  Diabetes Care. 2014; 37: 252-8.

De Cesaris R, et al.  -

糖尿病患者において,benazeprilとnicardipineが夜間の微量アルブミン尿に及ぼす効果を比較検討した。
De Cesaris R, et al.  Clin Pharmacol Ther 1996; 60: 472-478.

de Zeeuw D, et al.  ★☆☆

糖尿病腎症でRAS阻害薬投与下の患者において,低用量atrasentan(0.75mg,1.25mg)のアルブミン尿およびその他の腎リスク関連指標に対する有効性および安全性について検討した。
de Zeeuw D, et al.  J Am Soc Nephrol. 2014;