編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝

ECASS-II  ★★☆

急性虚血性半球脳卒中患者において,脳卒中発症後24時間以内の血糖変動を解析し,アウトカムとの関連を検討した。ECASS-II試験のサブ解析。
Yong M, et al.  Stroke. 2008; 39: 2749-55.

EDC  ★☆☆

1型糖尿病の合併症の30年間にわたる自然史を検討した。
Pambianco G, et al.  Diabetes 2006; 55: 1463-1469.

EDC  

小児期発症1型糖尿病患者において,HbA1cと強化血糖コントロール,高血圧発症との関連,およびその性差を検討した。
Costacou T, et al.  Diabetes Care. 2013; 36: 77-83.

EDIC  -

1型糖尿病の頸動脈壁肥厚に対する強化インスリン療法の効果を検討した。
-  Diabetes 1999; 48: 383-390.

EDIC  ★★☆

1型糖尿病患者において,腎機能に対する強化療法と従来療法の長期効果を比較した。
Writing Team For The Diabetes Control And Complications Trial/Epidemiology Of Diabetes Interventions And Complications Research Group.  JAMA 2003; 290: 2159-2167.

EDICTA  ★☆☆

高血圧を有し,降圧薬の単剤療法でコントロール不良の2型糖尿病患者において,trandolaprilとverapamilの併用療法および単剤療法の降圧効果を比較検討した。
Ruilope LM, et al.  J Hypertens 1999; 17: 1917-1923.

EDIP  ★☆☆

FPGとHbA1cの組合わせが,2型糖尿病の診断感度を改善するかを検討した。
Perry RC, et al.  Diabetes Care 2001; 24: 465-471.

EDIP  ★★☆

早期2型糖尿病患者において,acarboseによる食後高血糖の改善が糖尿病の進行を予防または遅延させるかを検討した。
Kirkman MS, et al.  Diabetes Care 2006; 29: 2095-2101.

EDIT  -

Tolrestat studyに参加した糖尿病患者における正中神経障害の相対リスクと手根管症候群発症リスク増加因子との関係を検討した。
Albers JW, et al.  Muscle Nerve 1996; 19: 140-146.

EDITION 2  ★★☆

基礎インスリンおよび経口血糖降下薬投与下の2型糖尿病患者において,新たなインスリンglargine 300 U/mLと100U/mLの治療12ヵ月にわたる有効性と安全性を比較した。
Yki-Järvinen H, et al.  Diabetes Obes Metab. 2015; 17: 1142-9.

EDITION 4  ★☆☆

1型糖尿病患者において,インスリンglargine 300units/mLと100units/mLの有効性と忍容性を比較し,さらにそのアウトカムが投与のタイミングにより異なるか検討した。
Home PD, et al.  Diabetes Care. 2015; 38: 2217-25.

EDITION JP 1  ★★☆

日本人の成人1型糖尿病患者において,インスリンglargine 300 U/mLと100 U/mLの有効性と忍容性を比較した。
Matsuhisa M, et al.; EDITION JP 1 study group.  Diabetes Obes Metab. 2016; 18: 375-83.

EHS-CR  ★☆☆

安定狭心症患者において,血行再建術に関する選択が糖尿病の有無に影響されるか否かを検討し,また糖尿病が予後に及ぼす影響を検討した。
Breeman A, et al.  Diabetes Care 2006; 29: 2003-2011.

Eliasson B, et al.  ★★☆

肥満の糖尿病患者において,肥満外科手術実施後の心血管リスクおよび全死亡リスクを検討した。
Eliasson B, et al.  Lancet Diabetes Endocrinol. 2015; 3: 847-54.

ELIXA  ★★★

最近の急性冠動脈イベント既往を有する2型糖尿病患者において,GLP-1受容体作動薬lixisenatideが心血管アウトカムを抑制するか検討した。
Pfeffer MA, et al.; ELIXA Investigators.  N Engl J Med. 2015; 373: 2247-57.

Elleri D, et al  ★☆☆

10代の1型糖尿病患者において,食事のボーラスインスリンは患者自身がカーボカウントに従い注射するクローズドループ制御システム使用時のインスリンボーラス減量の安全性,有効性および糖代謝への影響を検討した。
Elleri D, et al.  Diabetes Obes Metab. 2015; 17: 1173-9.

Elliott RB, et al.  ★☆☆

膵島細胞抗体テストとnicotinamide治療の小児IDDM発症予防効果を検討した。
Elliott RB, et al.  J Pediatr Endocrinol Metab 1996; 9: 501-509.

ELSA-Brasil  ★☆☆

ブラジル人において,人工甘味料飲料摂取量と新規診断糖尿病およびグルコースホメオスタシスの関連を検討した。
Yarmolinsky J, et al.  J Nutr. 2016; 146: 290-7.

Emdin CA, et al.  ★★☆

2型糖尿病患者において,降圧治療と血管疾患との関連を検討した。
Emdin CA, et al.  JAMA. 2015; 313: 603-15.

EMERALD  ★☆☆

経皮的冠インターベンションを施行されたST上昇型急性心筋梗塞患者において,心筋血流,梗塞サイズ,予後を糖尿病の有無により比較した。
Marso SP, et al.  Am J Cardiol 2007; 100: 206-210.

Emerging Risk Factors Collaboration  ★★★

糖尿病および空腹時血糖値と,冠動脈心疾患および脳卒中リスクとの関連を検討した。
Sarwar N, et al.; Emerging Risk Factors Collaboration.  Lancet. 2010; 375: 2215-22.

Emerging Risk Factors Collaboration  

糖尿病の既往のない中高年齢者において,従来の心血管危険因子にHbA1c値を加えた場合,心血管疾患初回発症の予測能が改善するかを検討した。
Di Angelantonio E, et al.; Emerging Risk Factors Collaboration.  JAMA. 2014; 311: 1225-33.

EMPA-REG BP  ★☆☆

高血圧を有する2型糖尿病患者において,empagliflozinの有効性,安全性,忍容性を検討した。
Tikkanen I, et al.; EMPA-REG BP Investigators.  Diabetes Care. 2015; 38: 420-8.

EMPA-REG METSU trial  ★☆☆

metformin+スルホニル尿素薬で血糖コントロール不良の2型糖尿病患者において,empagliflozin追加の有効性,安全性,忍容性を検討した。
Häring HU, et al.; EMPA-REG METSU Trial Investigators.  Diabetes Care. 2013; 36: 3396-404.

EMPA-REG OUTCOME  ★★★

心血管イベントのリスクが高く,かつ標準治療を受けている2型糖尿病患者において,empagliflozinとプラセボの心血管疾患の発症率および死亡率に対する影響を比較した。
Zinman B, et al.; EMPA-REG OUTCOME Investigators.  N Engl J Med. 2015;

EMPA-REG OUTCOME  ★★★

心血管イベント高リスクの2型糖尿病患者において,empagliflozinの腎臓に対する長期的作用を検討した。
Wanner C, et al.; EMPA-REG OUTCOME Investigators.  N Engl J Med. 2016; 375: 323-334.

EMPIRE  -   

2型糖尿病患者において,最大用量以下のmetforimin+rosiglitazone併用投与と最大用量のmetformin単独投与の有効性,安全性,忍容性を比較した。
Weissman P, et al.  Curr Med Res Opin 2005; 21: 2029-2035.

ENDIT  ★☆☆

1型糖尿病患者の一親等親族において,高用量nicotinamide投与による1型糖尿病の発症予防または遅延効果を検討した。
Gale EA, et al.  Lancet 2004; 363: 925-931.

ENDIT  ★☆☆

1型糖尿病発症の高リスク例において,インスリン抵抗性が1型糖尿病発症リスクの評価に及ぼす影響を検討した。
Bingley PJ, et al.  Diabetes Care 2008; 31: 146-150.

EPIC  ★★☆

膵がんと診断される前の血清HbA1cおよびCペプチドのレベルと膵がんリスクの関連を検討した。
Grote VA, et al.  Diabetologia. 2011; 54: 3037-46.

Epic-InterAct  ★★☆

総タンパク質,動物性タンパク質,植物性タンパク質の各摂取量と,2型糖尿病の新規発症リスクとの関連を検討した。
van Nielen M, et al.; InterAct Consortium.  Diabetes Care. 2014; 37: 1854-62.

Epic-InterAct  

喫煙と2型糖尿病発症リスクとの関連を検討した。
Spijkerman AM, et al.; InterAct Consortium.  Diabetes Care. 2014; 37: 3164-71.

EPIC-Postdam  ★☆☆

GGTおよびALTと糖尿病発症の関連を検討した。
Ford ES, et al.  Diabetes Care. 2008; 31: 1138-43.

Eppenga WL, et al.  ★☆☆

腎障害を有するmetformin使用の糖尿病患者において,乳酸アシドーシスまたは乳酸濃度上昇のリスクを検討し,metformin使用歴のない患者と比較した。
Eppenga WL, et al.  Diabetes Care. 2014; 37: 2218-24.

Eriksson JW, et al.  ★★★

2型糖尿病患者において,2次治療としてのmetformin+スルホニル尿素薬またはmetformin+DPP-4阻害薬の心血管疾患,全死亡,重度低血糖のリスクを比較した。
Eriksson JW, et al.  Diabetes Res Clin Pract. 2016; 117: 39-47.

Erqou S, et al.  ★☆☆

糖尿病患者において,血糖コントロールに対するスタチン治療の影響を検討した。
Erqou S, et al.  Diabetologia. 2014; 57: 2444-52.

Esposito K.  ★★☆

2型糖尿病患者において,インスリン分泌促進剤repaglinideとglyburideの食後血糖値および内膜-中膜壁肥厚(CIMT)と全身性血管炎症に対する効果を比較した。
Esposito K, et al. Campanian Postprandial Hyperglycemia Study Group.  Circulation. 2004;110:214-9.

ESPRIT  ★☆☆

アルブミン尿が認められる正常血圧の1型糖尿病患者において,enalaprilまたはnifedipineによる降圧療法の腎微細構造に及ぼす影響を比較検討した。
-  Diabetes 2001; 50: 843-850.

ESPRIT  ★☆☆

非緊急冠動脈ステント植込み術を施行された糖尿病および非糖尿病患者において,eptifibatideの虚血性合併症に対する効果を比較検討した。
Labinaz M, et al.  Am J Cardiol 2002; 90: 585-590.

ETDRS 8  ★★★

aspirinが糖尿病網膜症に及ぼす影響を検討した。
-  Ophthalmology 1991; 98: 757-765.

ETDRS 9  ★★★

糖尿病網膜症における網膜光凝固の開始時期,および黄斑浮腫に対する網膜光凝固の有効性を検討した。
-  Ophthalmology 1991; 98: 766-785.

ETDRS 12  ★★☆

増殖糖尿病網膜症への進展のリスク因子と糖尿病網膜症の病期分類を検討した。
-  Ophthalmology 1991; 98: 823-833.

ETDRS 13  ★★☆

糖尿病網膜症の増殖糖尿病網膜症への進展のリスク因子を検討した。
-  Ophthalmology 1991; 98: 834-840.

ETDRS 17  ★★☆

硝子体手術施行に至る術前の状態,視力予後を検討した。
Flynn HW Jr, et al.  Ophthalmology 1992; 99: 1351-1357.

ETDRS 18  ★★☆

高リスク増殖糖尿病網膜症への進展のリスク因子,高度視力障害もしくは硝子体手術への進展のリスク因子を検討した。
Davis MD, et al.  Invest Ophthalmol Vis Sci 1998; 39: 233-252.

ETDRS 22  ★★☆

空腹時血清脂質値と硬性白斑および視力の相関について検討した。
Chew EY, et al.  Arch Ophthalmol 1996; 114: 1079-1084.

ETDRS 25  ★★☆

白内障手術と視力予後との相関について検討した。
Chew EY, et al.  Arch Ophthalmol 1999; 117: 1600-1606.

ETDRS 27  ★☆☆

網膜症を有する糖尿病患者において,糖尿病性合併症と死亡の関係を検討した。
Cusick M, et al.  Diabetes Care 2005; 28: 617-625.

EUCLID  ★★☆

糖尿病性腎症のIDDM患者に対するlisinoprilの腎保護作用を検討した。
-  Lancet 1997; 349: 1787-1792.

EUCLID  ★☆☆

主に正常アルブミン尿で正常血圧の1型糖尿病患者において,細小血管障害と血漿中VEGF濃度の関係と,細小血管障害に対するlisinopril投与による血漿中VEGF濃度の変化を検討した。
Chaturvedi N, et al.  Diabet Med 2001; 18: 288-294.