編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝

Kadowaki T, et al.  ★☆☆

コントロール不良の日本人2型糖尿病患者において,teneligliptinへのcanagliflozin追加の有効性と安全性を検討した。
Kadowaki T, et al.  Diabetes Obes Metab. 2017; 19: 874-82.

Kahleova H, et al.  ★☆☆

2型糖尿病患者において,1日6食と1日2食の食事回数で,体重,肝脂肪量,インスリン抵抗性,β細胞機能を比較した。
Kahleova H, et al.  Diabetologia. 2014; 57: 1552-60.

Kansai Healthcare Study  ★★☆

日本人男性において,徒歩による通勤時間と2型糖尿病の関係を検討した。
Sato KK, et al.  Diabetes Care 2007; 30: 2296-2298.

Kansai Healthcare Study  ★☆☆

日本人男性において,アルコール消費量および肝酵素と2型糖尿病の関連を検討した。
Sato KK, et al.  Diabetes Care. 2008; 31: 1230-6.

Kansai Healthcare Study  ★☆☆

日本人男性において,血清クレアチニン値と2型糖尿病との関連を検討した。
Harita N, et al.  Diabetes Care. 2009; 32: 424-6.

Kashiwa Study  ★★☆

血圧および血糖コントロール良好の日本人の2型糖尿病患者において,アルブミン尿の長期的予後を検討した。
Yamada T, et al.  Diabetes Care 2005; 28: 2733-2738.

Kautzky-Willer A, et al.  ★☆☆

インスリン治療下の2型糖尿病患者において,性別が血糖コントロールおよび低血糖症発症に与える影響を検討した。
Kautzky-Willer A, et al.  Diabetes Obes Metab. 2015; 17: 533-40.

Kawamori R, et al.  ★☆☆

食事療法および運動療法施行歴のある日本人の2型糖尿病患者において,repaglinideとnateglinideの有効性および安全性を比較した。
Kawamori R, et al.   J Diabetes Invest. 2012;3:302-8.

Khunti K, et al.  ★★★

インスリン治療を行っている1型および2型糖尿病患者において,低血糖,心血管イベント,全死亡の関連を検討した。
Khunti K, et al.  Diabetes Care. 2015; 38: 316-22.

Kitwitee P, et al.  ★★☆

妊娠糖尿病を有する妊婦において,metforminとインスリンの有効性を比較した。
Kitwitee P, et al.  Diabetes Res Clin Pract. 2015; 109: 521-32.

Klein BE, et al.  ★★☆

妊娠が糖尿病網膜症に及ぼす影響を調査した。
Klein BE, et al.  Diabetes Care 1990; 13: 34-40.

KLIS  ★☆☆

血清総コレステロール値の中等度上昇を認める日本人の中年および老年男性において,冠動脈心疾患イベントと血清総コレステロール値およびその他のリスク因子との関係を検討した。
Iwashita M, et al.  Circ J 2004; 68: 405-409.

KNDP  ★☆☆

2型糖尿病患者において,低血糖と認知症および認知機能障害との関連を検討した。
Chin SO, et al.  Diabetes Res Clin Pract. 2016; 122: 54-61.

Kodama S, et al.  ★☆☆

糖尿病患者において,習慣的な身体活動が全死亡および心血管疾患の発生に与える影響を検討した。
Kodama S, et al.  Diabetes Care. 2013; 36: 471-9.

KoGES  ★★☆

中高年の一般住民において,低筋肉量と2型糖尿病発症との関連を検討した。
Son JW, et al.  Diabetologia. 2017; 60: 865-872.

Kohan DE, et al.  ★★☆

中等度腎機能障害を伴う2型糖尿病患者において,dapagliflozinの有効性と安全性を検討した。
Kohan DE, et al.  Kidney Int. 2014; 85: 962-71.

KOPS  ★★☆

日本人において,グリコアルブミンの基準値を検討し,2型糖尿病の診断に対する有用性を評価した。
Furusyo N, et al.  Diabetologia. 2011; 54: 3028-36.

KPNC  ★★☆

糖尿病患者において,pioglitazone治療による膀胱癌リスクを検討した。
Lewis JD, et al.  Diabetes Care. 2011; 34: 916-22.

Kramer CK, et al.  ★★☆


Kramer CK, et al.  Diabetes Care. 2014; 37: 1116-23.

Kumamoto study  ★★★

NIDDMに対する強化インスリン療法の細小血管合併症発症・進展予防効果を検討した。
Ohkubo Y, et al.  Diabetes Res Clin Pract 1995; 28: 103-117.

Kumamoto study  ★★☆

2型糖尿病の至適コントロールを検討した熊本スタディの8年追跡の結果。
Shichiri M, et al.  Diabetes Care 2000; 23: B21-B29.

Kumamoto study  ★★☆

日本人の2型糖尿病に対する糖尿病性合併症予防を目的とした強化インスリン療法の費用対効果について:熊本スタディ10年追跡の結果。
Wake N, et al.  Diabetes Res Clin Pract 2000; 48: 201-210.

Kuo HK, et al.  ★☆☆

高齢の糖尿病患者において,アルブミン尿,炎症,機能障害の相関を検討した。
Kuo HK, et al.  Diabetes Care. 2011; 34: 710-7.

Kuusisto J, et al.  -

NIDDMにおける代謝コントロール,罹病期間,およびインスリン値が脳卒中の予測因子となるかどうかを検討した。
Kuusisto J, et al.  Stroke 1994; 25: 1157-1164.

Kwon SS, et al.  ★☆☆

妊婦において,HbA1cの妊娠糖尿病の診断能,および分娩後の糖尿病発症の予測能を検討した。
Kwon SS, et al.  Diabetes Res Clin Pract. 2015; 110: 38-43.