編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝

L-STEP  -

食事・運動療法でコントロール不十分の日本人2型糖尿病患者において,血糖パラメータに対するlinagliptin 1日1回の12週間投与とvoglibose 1日3回の12週間投与の有効性を比較した。
Fujitani Y, et al.  Diabetes Res Clin Pract. 2016; 121: 146-156.

Langer O, et al.  ★☆☆

妊娠糖尿病における厳格な血糖コントロールの効果を検討した。
Langer O, et al.  Am J Obstet Gynecol 1994; 170: 1036-1047.

LANTERN  ★☆☆

腎機能障害を伴う2型糖尿病患者において,ipragliflozinの有効性と安全性を検討した。
Kashiwagi A, et al.  Diabetes Obes Metab. 2015; 17: 152-60.

Larsson SC, et al.  ★☆☆

糖尿病と腎臓がん発生リスクの関連を検討した。
Larsson SC, et al.  Diabetologia. 2011; 54: 1013-8.

LEAD  - 

経口血糖降下薬投与下でコントロール不良のアジア人2型糖尿病患者において,インスリンglargineとNPHインスリンの血糖コントロール効果および安全性を比較した。
Pan CY, et al.  Diabetes Res Clin Pract 2007; 76: 111-118.

LEAD-2  ★☆☆

経口血糖降下薬治療を受けている2型糖尿病患者において,metformin+liraglutide併用の有効性および安全性を,metformin単独またはmetformin+glimepiride併用と比較した。
Nauck M, et al.; LEAD-2 Study Group.  Diabetes Care. 2009; 32: 84-90.

LEAD-5 met+SU  ★☆☆

metforminおよびglimepiride投与下でコントロール不良の2型糖尿病患者において,liraglutideの有効性および安全性をインスリンglargineと比較した。
Russell-Jones D, et al.; Liraglutide Effect and Action in Diabetes 5 (LEAD-5) met+SU Study Group.  Diabetologia. 2009; 52: 2046-55.

LEAD-6  ★☆☆

metforminおよびglimepiride投与下でコントロール不良の2型糖尿病患者において,liraglutideの有効性および安全性をexenatideと比較した。
Buse JB, et al.; LEAD-6 Study Group.  Lancet. 2009; 374: 39-47.

LEADER  ★★★

心血管疾患リスクの高い2型糖尿病患者において,liraglutideの心血管アウトカムに対する長期効果を検討した。
Marso SP, et al.;LEADER Trial Investigators.  N Engl J Med. 2016; 375: 311-22.

Lebovitz HE, et al.  ★★☆

高血圧NIDDM患者の尿中アルブミン排泄量がenalaprilの腎保護効果に及ぼす影響を検討した。
Lebovitz HE, et al.  Kidney Int Suppl 1994; 45: S150-S155.

Li J, et al.  ★☆☆

2型糖尿病患者において,nateglinideとrepaglinideの血糖コントロールにおける有効性,インスリン抵抗性およびβ細胞機能に対する効果を比較した。
Li J, et al.  Diabetes Obes Metab. 2007; 9: 558-65.

LIFE  ★★★

高血圧および左室肥大を有する糖尿病患者において,losartanとatenololの心血管疾患罹患および死亡に対する効果を比較検討した。
Lindholm LH, et al.  Lancet 2002; 359: 1004-1010.

LIFE  ★★☆

左室肥大を有する高血圧患者において,糖尿病新規発症のリスク因子を検討した。
Lindholm LH, et al.  J Hypertens 2002; 20: 1879-1886.

LIFE  ★★☆

左室肥大を有する高血圧患者において,アルブミン尿と心血管リスクとの関係を検討した。
Wachtell K, et al.  Ann Intern Med 2003; 1139: 901-906.

LIFE  ★★☆

左室肥大を有する高血圧患者において,降圧薬治療による心電図上の肥大退縮に糖尿病が及ぼす影響を検討し,さらに心血管イベントおよび全死亡に対する糖尿病の影響を検討した。
Okin PM, et al.  Circulation 2006; 113: 1588-1596.

LIFE  ★★☆

高血圧および左室肥大を有する糖尿病患者において,尿中アルブミン・クレアチニン比の心血管アウトカム予測能を検討し,アルブミン尿の減少が心血管イベント減少につながるかを検討した。
Ibsen H, et al.  Diabetes Care 2006; 29: 595-600.

LIFE  ★★☆

高血圧および左室肥大を有する患者において,ベースラインにおける身体活動量とその後の心血管イベントおよび糖尿病の関係を検討した。
Fossum E, et al.  J Intern Med 2007; 262: 439-448.

Lin JJ, et al.  ★★☆

非小細胞肺がんIV期の糖尿病患者において,metformin投与は全生存期間を延長するか検討した。
Lin JJ, et al.  Am J Respir Crit Care Med. 2015; 191: 448-54.

Lind M, et al.  ★★★

1型糖尿病患者において,血糖コントロールが死亡リスクに与える影響を検討した。
Lind M, et al.  N Engl J Med. 2014; 371: 1972-82.

LIPID  ★☆☆

冠動脈心疾患を有する糖尿病患者および空腹時血糖異常患者において,pravastatinによる脂質低下療法の心血管イベントに対する有効性を検討した。
Keech A, et al.  Diabetes Care 2003; 26: 2713-2721.

LIPS  ★☆☆

経皮的冠インターベンションを施行された糖尿病患者において,fluvastatinの主要有害心イベントに対する長期的有効性を検討した。LIPS試験のサブ解析。
Arampatzis CA, et al.  Am Heart J 2005; 149: 329-335.

Lipscombe LL, et al.  ★★☆

高齢糖尿病患者においてチアゾリジンジオン系薬剤治療に伴ううっ血性心不全,急性心筋梗塞,死亡のリスクを他の経口血糖降下薬による治療と比較した。
Lipscombe LL, et al.  JAMA 2007; 298: 2634-2643.

Lipscombe LL, et al.  ★☆☆

乳がん患者において,診断時の病期を糖尿病の有無で比較した。
Lipscombe LL, et al.  Breast Cancer Res Treat. 2015; 150: 613-20.

Lipska KJ, et al.  ★☆☆

高齢の糖尿病患者において,血糖管理レベルの値を健康状態別に調査し,糖尿病の潜在的過剰治療率を評価した。
Lipska KJ, et al.  JAMA Intern Med. 2015; 175: 356-62.

Lira-1  ★★☆

血糖コントロール不良で過体重の1型糖尿病患者において,インスリンへのliraglutide追加の有効性と安全性を検討した。
Dejgaard TF, et al.  Lancet Diabetes Endocrinol. 2016; 4: 221-32.

LIRA-SWITCH  ★★☆

2型糖尿病患者において,sitagliptinからliraglutide 1.8mg/日への切り替えは,sitagaliptinの継続よりも血糖コントロールが良好か否かを検証した。
Bailey TS, et al.  Diabetes Obes Metab. 2016; 18: 1191-1198.

Liu C, et al.  ★☆☆

1型糖尿病患者において,metforminの臨床的有効性と安全性をメタアナリシスにて検討した。
Liu C, et al.  Diabetes Technol Ther. 2014;

Liverpool Diabetic Eye Study  ★★☆

2型糖尿病患者において,網膜症の発症率を調査し,網膜症重症度に応じた適切なスクリーニング実施間隔を検討した。
Younis N, et al.  Lancet 2003; 361: 195-200.

Logue J, et al.  ★☆☆

2型糖尿病患者において,診断後1年以内のBMI値と死亡リスクとの関連を検討した。
Logue J, et al.; Scottish Diabetes Research Network Epidemiology Group.  Diabetes Care. 2013; 36: 887-93.

Lomonaco R, et al.  ★★☆

肥満の2型糖尿病患者において,非アルコール性脂肪性肝炎の代謝的影響を検討した。
Lomonaco R, et al.  Diabetes Care. 2016; 39: 632-8.

Look AHEAD  ★☆☆

2型糖尿病患者において,強力な生活習慣改善プログラムによる減量が心血管疾患リスク因子に及ぼす効果を検討した。
Look AHEAD Research Group, et al.  Diabetes Care 2007; 30: 1374-1383.

Look AHEAD  -

過体重または肥満の成人2型糖尿病患者において,血糖値,血圧値,LDL-C値のコントロールに関連する背景因子を検討した。Look AHEAD試験のサブ解析。
Bertoni AG, et al.  J Diabetes Complications 2008; 22: 1-9.

Look AHEAD  -

過体重の2型糖尿病患者が用いている減量の方法を調査し,それらの方法とBMIの関係を検討した。Look AHEAD試験のサブ解析。
Raynor HA, et al.  Diabetes Care 2008; 31: 1299-1304.

Look AHEAD  ★☆☆

過体重または肥満の2型糖尿病患者において,運動誘発性心臓障害の有病率および関連要因を検討した。
Curtis JM, et al.; Look AHEAD Research Group.  Diabetes Care. 2010; 33: 901-7.

Look AHEAD  ★★☆

2型糖尿病患者において,ライフスタイル介入プログラムによる体重,fitness,血糖コントロール,心血管疾患リスク因子の変化を検討した。
Wing RR; Look AHEAD Research Group.  Arch Intern Med. 2010; 170: 1566-75.

Look AHEAD  ★★☆

2型糖尿病患者において,生活習慣の高度介入による減量と体力の改善が,運動機能喪失を抑制するかを検討した。
Rejeski WJ, et al.; Look AHEAD Research Group.  N Engl J Med. 2012; 366: 1209-17.

Look AHEAD  ★★★

過体重の2型糖尿病患者において,長期の強化ライフスタイル介入と寛解の関連を検討した。Look AHEADの補助的解析。
Gregg EW, et al.; Look AHEAD Research Group.  JAMA. 2012; 308: 2489-96.

Look AHEAD  ★★☆

過体重/肥満の成人2型糖尿病患者において,カロリー摂取制限および身体活動増強による減量を目的とした強化ライフスタイル介入は,心血管疾患罹患率および死亡率を低下させるか検討した。
Wing RR, et al.; Look AHEAD Research Group.  N Engl J Med. 2013; 369: 145-54.

Look AHEAD  ★★☆

過体重/肥満の2型糖尿病患者において,減量維持およびfitness向上のための強化ライフスタイル介入が,4年後の骨量減少と関連しているかどうかを検討した。
Lipkin EW, et al.; Look AHEAD Research Group.  Diabetes Care. 2014; 37: 2822-9.

Look AHEAD  ★★★

過体重/肥満の成人2型糖尿病患者において,体重変化またはフィットネスの変化は,心血管疾患発症リスクに影響するかどうかを検証した。
Look AHEAD Research Group.  Lancet Diabetes Endocrinol. 2016; 4: 913-921.

Look AHEAD Brain  ★★☆

過体重または肥満の2型糖尿病患者において,10年間の強化生活習慣介入(ILI)による脳構造の変化を検討した。
Espeland MA, et al.; Action for Health in Diabetes Brain Magnetic Resonance Imaging (Look AHEAD Brain) Ancillary Study Research Group.  Diabetes Care. 2016; 39: 764-71.

Look AHEAD-C  ★☆☆

過体重または肥満の2型糖尿病患者において,糖尿病末梢神経障害の発症または進展に対する強化ライフスタイル介入プログラムと糖尿病サポート・教育プログラムの長期的な効果を検討した。
Look AHEAD Research Group.  Diabetologia. 2017; 60: 980-8.

Louisiana State University Hospital-Based Longitudinal Study  ★☆☆

25249653
Li N, et al.  Diabetes Care. 2014; 37: 3204-12.

Lu CH, et al.  ★☆☆

アジア人2型糖尿病患者において,ipragliflozinをmetforminと併用した場合の有効性と安全性を検証した。
Lu CH, et al.  J Diabetes Investig. 2016; 7: 366-73.

Ludvigsson J, et al.  ★☆☆

発症後間もない1型糖尿病患者において,GAD65アルミ製剤により,β細胞機能が保持されるかを検討した。
Ludvigsson J, et al.  N Engl J Med. 2012; 366: 433-42.

Lung TW, et al.  ★★☆

1型糖尿病患者において,重症低血糖イベントの既往が,主要心血管イベント発症後の全死亡リスクと関連するか検討した。
Lung TW, et al.  Diabetes Care. 2014; 37: 2974-81.

Ly TT, et al.  ★★☆

1型糖尿病患者において,センサーでとらえた低血糖時にインスリン注入を停止する機能付きのインスリンポンプ療法と標準インスリンポンプ療法の重症・中等症低血糖の発症頻度を比較した。
Ly TT, et al.  JAMA. 2013; 310: 1240-7.