編集:片山茂裕 河盛隆造 景山茂 西尾善彦 西村理明 綿田裕孝

Wagner H, et al.  ★☆☆

前糖尿病または食事療法中の2型糖尿病患者において,高用量ビタミンD3による治療がβ細胞機能,インスリン感受性,耐糖能に与える影響を検討した。
Wagner H, et al.  Diabetes Care. 2016; 39: 345-52.

Wan EYF, et al.  ★☆☆

プライマリーケアの中国人2型糖尿病患者において,収縮期血圧(SBP)の診察間変動性(visit-to-visit variation[VVV])と心血管疾患(CVD)/死亡リスクの関連を検討した。
Wan EY, et al.  Diabetes Care. 2017; 40: 270-279.

Weber MA, et al.  ★☆☆

コントロール不十分な2型糖尿病合併高血圧患者において,SGLT2阻害薬dapagliflozinの血圧作用および血糖作用をプラセボと比較した。
Weber MA, et al.  Lancet Diabetes Endocrinol. 2016; 4: 211-20.

Weng J, et al.  ★☆☆

新規2型糖尿病患者において,短期的な強化インスリン療法(持続的皮下インスリン注入,インスリン頻回注射)と経口血糖降下薬療法の膵β細胞機能および血糖コントロールに対する有効性を比較した。
Weng J, et al.  Lancet 2008; 371: 1753-1760.

WESDR  ★☆☆

成人発症糖尿病患者における顕性蛋白尿の出現率とリスク因子を検討した。
Klein R, et al.  Diabetes 1993; 42: 381-389.

WESDR  ★★☆

血糖値と網膜症の罹患・進展との関係について調査した。
Klein R, et al.  Arch Intern Med 1994; 154: 2169-2178.

WESDR  -

糖尿病患者における血糖コントロールが細小血管合併症に及ぼす効果を検討した。
Klein R, et al.  Ann Intern Med 1996; 124: 90-96.

WHI  ★★☆

閉経後女性において,スタチン使用と新規糖尿病発症リスクの相関を検討した。
Culver AL, et al.  Arch Intern Med. 2012; 172: 144-52.

WHI-OS  ★★☆

糖尿病を合併しない閉経後女性において,乳製品摂取量(とくに低脂肪乳製品)と糖尿病発症の関連を検討した。
Margolis KL, et al.; Women’s Health Initiative Investigators.  J Nutr. 2011; 141: 1969-74.

Whitehall II Cohort Study  ★★☆

うつ症状と2型糖尿病発症との関連を検討し,その関連は前糖尿病の有無およびFramingham Offspring 2型糖尿病リスクスコア(FRS)保有状況により異なるかどうかを検討した。
Virtanen M, et al.  Diabetes Care. 2014; 37: 2091-7.

Whitehall Study  ★★☆

2型糖尿病患者の死亡率を15年間追跡,研究した。
Jarrett RJ, et al.  Diabetologia 1988; 31: 737-740.

Whitehall Study  ★☆☆

OGTT 2時間値と冠動脈心疾患死およびその他の死亡との関係を検討した。
Brunner EJ, et al.  Diabetes Care 2006; 29: 26-31.

Whitehall Study  ★☆☆

中年男性において,肥満および過体重多の死亡に及ぼす影響について2型糖尿病または耐糖能異常の有無別に検討した。
Batty GD, et al.  Diabetes Care 2007; 30: 2388-2391.

Whitehall II study  ★☆☆

中年男女において,メタボリックシンドロームとうつ症状発症との関連を検討した。
Akbaraly TN, et al.  Diabetes Care. 2009; 32: 499-504.

Whitehall II study  ★★☆

2型糖尿病患者において,発症前の血糖値,インスリン感受性,インスリン分泌について調査した。
Tabák AG, et al.  Lancet. 2009; 373: 2215-21.

Whitehall II Study  ★★☆

睡眠時間の変化と2型糖尿病発症の縦断的な関連を検討した。
Ferrie JE, et al.  Diabetes Care. 2015; 38: 1467-72.

Whitehall Survey  -

糖尿病あるいは境界型糖尿病と診断された患者の6~8年後の網膜病変の発生を調査した。
Sayegh HA, et al.  Lancet 1979; 2: 431-433.

WHO MSVDD  ★☆☆

糖尿病患者における網膜症の進展とその関連因子を検討した。
Teuscher A, et al.  Diabetes Care 1988; 11: 246-251.

WHO MSVDD  -

糖尿病患者における全死亡,循環器疾患および腎疾患による死亡を数ヵ国で調査した。
Head J, et al.  Diabetologia 1990; 33: 477-481.

WHO MSVDD  -

糖尿病患者における潜在的リスク因子と死亡の関連を検討した。
Morrish NJ, et al.  Diabetologia 1990; 33: 542-548.

WHO MSVDD  ★☆☆

糖尿病患者における蛋白尿と死亡率の関連を検討した。
Stephenson JM, et al.  Diabet Med 1995; 12: 149-155.

WHO MSVDD  -

糖尿病患者における高血圧および蛋白尿と死亡率との関係を調査した。
Wang SL, et al.  Diabetes Care 1996 ;19: 305-312.

WHO MSVDD  -

各国間に認められる糖尿病患者の全死亡率と心血管疾患罹患率の差異について検討した。
Fuller JH, et al.  Ann Med 1996; 28: 319-322.

WHS  -

赤身肉および食肉加工品の摂取と2型糖尿病発症の関係を検討した。
Song Y, et al.  Diabetes Care 2004; 27: 2108-2115.

Willemen MJ.  ★★☆

糖尿病患者におけるDPP-4阻害薬の使用と有害薬剤反応としての感染症報告の相関を検討した。
Willemen MJ, et al.  Diabetes Care. 2011; 34: 369-74.

WINGS-7  ★★☆

妊娠糖尿病患者において,分娩後の耐糖能を評価し,分娩後血糖異常のリスク因子を検討した。
Bhavadharini B, et al.  Diabetes Res Clin Pract. 2016; 117: 22-7.

WOSCOPS  ★★☆

pravastatinの糖尿病発症抑制効果を検討した。
Freeman DJ, et al.  Circulation 2001; 103: 357-362.

WOSCOPS  ★★☆

修正版NCEP基準によるメタボリックシンドロームが,冠動脈心疾患発症および新規糖尿病発症を予測しうるかを評価した。
Sattar N, et al.  Circulation 2003; 108: 414-419.

WRAP  ★★☆

中年の健康人において,インスリン抵抗性とアルツハイマー病感受性脳領域の灰白質容積および認知機能の関連を検討した。
Willette AA, et al.  Diabetes Care. 2013; 36: 443-9.

Wu JHY, et al.  ★★☆

成人の2型糖尿病患者において,心血管イベント,死亡,安全性アウトカムに対するSGLT2阻害薬の効果を検討した。
Wu JH, et al.  Lancet Diabetes Endocrinol. 2016; 4: 411-9.